バリエーションに富んだバラの品種|初心者が始めるガーデニング

園芸

バラに適した土づくり

土

初めてのガーデニングでバラを育てようと考える際には、綺麗なバラを満開に咲かせたいと考えるものでしょう。種をまき、水を与えている最中にも咲き誇った花弁を想像し、期待に胸を膨らませてしまうはずです。しかし、初めてのガーデニングというのは、知らないことが沢山あるものでしょう。知らないことがあるということは、それだけ生育に失敗してしまう確率が高いということなのです。ここでは、バラの生育を成功させるためのポイントについて知っていきましょう。
バラの生育を成功させるための重要なポイントの一つ目として挙げられるのは、土づくりです。土づくりは全ての植物の生育に共通する重要なポイントで、適切な土づくりを行わなければ生育を失敗してしまう可能性があるのです。バラが好む土というのは、水はけが良く柔らかい土です。土の種類としては黒土や赤土といったものが挙げられますが、黒土は少々水はけが悪いため、赤土の方がバラの生育に適しています。また、土づくりを行なう時には堆肥や肥料、場合によって軽石などを混ぜ込みますので植え付けを行なう二週間から四週間前に行なうことが最適です。土づくりを行ってすぐに植え付けを行ってしまうと、堆肥や肥料から発生するガスによって根が傷んでしまい、バラの生育には良くありません。そのため、二週間から四週間の期間を空け、土を安定させる必要があるのです。また、土を安定させるための期間を空ける際には、植え付け時期についても考慮する必要があるでしょう。期間を空けることで植え付け時期が過ぎしまっては、土づくりの意味がありません。